モーターボートのファンが好きなレース

競艇は、競馬や競輪と並ぶ日本を代表する公営ギャンブル競技の一つなのですが書いて名前の通り艇、つまり船のレースに対して勝ち選手を予想するようなギャンブルとなっているのです。

小型の一人乗り用モーターボートを使ったスピード感のあるレースなので、ギャンブルを抜きにしてもスポーツ観戦としてのファンも少なくはなく公営ギャンブルの中でも特に色んな幅に人気があるジャンルのものなのです。

競艇の運営は競輪と同じく地方自治体で、収益金は同様に運営側の地方自治体に入ることになっています。

管轄の官庁は国土工中小の海事局となっており競輪とも競馬とも管轄している場所が違うんですね。

元々はボート、ボートレース、モーターボート競争など色んな呼び方がされていたのですが、1997年から競艇と呼び方が統一され、更に2010年にはボートレースという風に呼び名も変遷しています。

ボートレースという性質である以上は当然ではありますが競技場は水が張った巨大なプールのようなものになっておりそれを囲むようにして観客席が設置されているなど、ほかの競技場とはかなり特殊なものになっていますね。

特別なトラックが設置されているわけではないのですが、競技場中央には横長な浮きのようなもので仕切られて巨大な周回コースが作られているのが特徴的ですね。

競艇の競技場は、競争水面というのですがこれにも規格が定められており広さは33000平方メートル以上、内約は縦75m以上、横440m以上と定められておりかなり広いですね。

そして、水深も1.5m以上という風に深さも指定されているのです。

これは、競技規格というよりもボートレースは特に不安定な水面を走るということで公営ギャンブルの中でも特に転倒の多い京美なので選手が落水した場合の安全性を考慮して、というような面が強いですね。

また、淡水レースだけでなく実は競艇には海水レース場というものもあって海を利用したコースもあるんですね。

こちらの場合は、非常に天候に左右されるので規格が波高が45cm未満の場合でしか開催されない、というような規定が定められているのです。

競艇は、小型の軽いボートが猛スピードで走るわけですから波高が高いと波に乗りあがっただけで大きく飛んでいくというようなことが起こりえるのです。

水面とは言え、スピードが乗った状態で高い場所から叩きつけられると大けがをする可能性がとても高いのでそういった安全面が厳しく作られているのです。